レイク審査で落ちた人必見【元銀行員が教える審査が甘い・厳しい金融機関】

【新生銀行カードローン レイクと他社カードローンのスペック比較表】

カードローン名 金利 無利息キャッシング 限度額 会社電話連絡
新生銀行カードローン レイク 4.5〜18.0%

初回契約翌日から
■30日間全額無利息
■5万円までなら180日間無利息

1万円〜500万円 あり
プロミス 4.5〜17.8%

初回借入日から
30日間全額無利息!!

1万円〜500万円 あり
モビット 3.0〜18.0% なし 1万円〜800万円 web完結申込みなら『なし』
じぶん銀行カードローン

■通常2.2%〜17.5%
■カードローンau限定割
誰でもコース:2.1〜17.4%
カードローンau限定割
借り換えコース:1.7〜12.5% 

なし 10万円〜800万円 あり

 

新生銀行カードローン レイクと、他のカードローンを比較してみました。
金利や無利息キャッシング、限度額や審査の際の会社電話連絡の有無など、カードローンを利用するときに気になる項目のスペックをまとめてみたので、カードローンを契約する際は参考にしてみてくださいね。

 

ケース別キャッシングまとめ
「困ったとき、すぐに借りれる!」新生銀行カードローン レイクがお勧め!■

 

 

  • 初回契約日の翌日から無利息サービスあり!
  • ・全額、30日間無利息
    ・5万円まで、180日間無利息 →どちらか好きな方を選べる♪

  • 急いでいる人も安心の融資スピード!最短40分のカード発行もできる♪ 
  • 実質年率→4.5%〜18.0%
  • 借入限度額最大500万円
  • 20代〜50代の安定収入ある正社員におすすめ
  • 配偶者に安定した収入があれば専業主婦(夫)も借りれる♪
  • 2017/2/1〜2017/5/31日までの契約なら利息が最大で10000円キャッシュバックされるのがお得♪

新生銀行カードローン レイクの公式ページはこちら

http://lake.jp/

 

 

「会社への電話連絡も応相談なので職場にバレない!」プロミスがお勧め!■

 

200*200

 

  • 初回なら30日間の無利息サービスあり!
  • 実質年率→4.5%〜17.8%
  • 最短1時間で借りれる!
  • 会社にバレず、しかも無利息サービスを受けられる♪
  • web申込みならカードレスも可能!家族に内緒で借りれる!
  • 三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があれば24時間365日振込融資できる
  • 返済は毎月1000円からでOK
  • 20代〜30代のアルバイトやパート・正社員におすすめ!
  • 今なら新規契約で三井住友VISAプリペイド2000円分をプレゼント
  •  

    ※無利息キャッシングは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    ※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

プロミスの公式ページはこちら

http://cyber.promise.co.jp/

 

 

「職場への電話確認がなしの金融機関で借りたい方」モビットがお勧め!■

 

お二人 200x200

 

  • WEB完結申込なら、職場への電話連絡がないので、会社バレの心配なし

    また、郵送物がなくカードレスで融資を受けれるので、家族バレの心配なし♪

  • 実質年率→3.0%〜18.0%
  • 少ない入力項目で融資が可能かわかる10秒簡易審査
  • 30代以降の正社員の方におすすめ♪
  • カード申込なら、平日の夜や土日休日のカード発行も可能!(最寄りにモビットの自動契約機がある人は便利!)
  • ※確認事項がある場合、職場ではなく携帯へ電話が入る場合もございます。
    ※「10秒簡易審査」は正式な事前審査なので、正しい情報を入力してください。
    ※事前に提出書類をご用意いただくと、審査がスムーズです。

     

モビットの公式ページはこちら

http://www.mobit.ne.jp/

 

 

「auのスマホや通信サービスを使っている方」じぶん銀行カードローンがお勧め!■

 

     

  • 秘密の借り入れに最適♪ 専業主婦でも旦那に内緒で借入できる♪
  • 安心の低金利!
  • 通常コースの実質年率 2.2〜17.5%
    カードローンau限定割の場合 誰でもコース:2.1〜17.4%
    カードローンau限定割の場合 借り換えコース:1.7〜12.5%

  • 最短、即日融資
  • アルバイトや学生、年金受給者でも借りれる
  • セブン銀行、ローソン、Enet、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行ならATM手数料が0円!
  • 300万円以下の借入は収入証明書が不要!

じぶん銀行の公式ページはこちら

http://www.jibunbank.co.jp/

 

 

 

レイク審査の目次

1、新生銀行カードローン レイクの審査が落ちた!あるいは落ちるかも……という人必見

 

2、新生銀行カードローン レイクの審査時間(期間)はどのくらいか

 

3、新生銀行カードローン レイクの審査基準を他社と比較

 

4、レイクの在籍確認の内容と会社に電話連絡があるタイミング

 

5、新生銀行カードローン レイクの審査は甘いのか、厳しいのか

 

6、新生銀行カードローン レイクの審査に落ちたら理由を知り対策を立てるべし!

 

7、元銀行員が教える審査が甘い・厳しい金融機関は?

 

8、審査が厳しい順の金融機関ランキング

 

 

 

新生銀行カードローン レイクの審査が落ちた!あるいは落ちるかも……という人必見

josei

 

当ページをご覧になっている方の中には、新生銀行カードローン レイクの審査について気になっている人が多いのではないでしょうか。
レイクの審査について、元銀行員である私が、いくつかの項目から解説していきたいと思います。

 

結論から言えば、レイクの審査基準の厳しさについては、必要以上に心配する必要はないでしょう。

 

レイクは、銀行のカードローンではありますが、安定した収入があれば、アルバイトやパート、学生、専業主婦でも申込みができるので、多くの人たちが借入をすることができます。

 

また、レイクを利用すれば、金利についても無利息キャッシングサービスがあるので、お得な借入も可能です。

 

ただし、レイクは銀行のカードローンです。
やはり、正社員で比較的、収入の多い方におすすめと言えるでしょう。

 

20代、30代の比較的年齢の若い方は、プロミスの利用の方が向いています。
プロミスは、レイクと同様のサービスを持つだけでなく、金利がレイクよりも低いので、借入の申込みをするなら、プロミスの方がおすすめです。

 

 

新生銀行カードローン レイクの審査時間(期間)はどのくらいか

【新生銀行カードローン レイクの融資スピード】

カードローン名 審査時間 融資スピード
新生銀行カードローン レイク 最短30分 最短40分
プロミス 最短30分 最短1時間
モビット 最短即日 最短即日
じぶん銀行カードローン 最短即日 最短即日

 

新生銀行カードローン レイクの審査時間(期間)はどのくらいかかるのでしょうか。

 

急いでいる場合は、審査にかかる時間が長いものは避け、なるべく早く融資してくれるカードローンを選びたいもの。

 

レイクは即日融資をしてくれるカードローンなのでしょうか。

 

結論から言えば、↑の表のように、レイクは即日融資ができるカードローンです。
それどころか、最短なら、最短40分でカードを発行し、融資してもらえるので、銀行カードローンとしてはトップクラスの融資スピード

 

なので、もし、できるだけ早くお金を貸してくれるカードローンが利用したいのなら、レイクは非常におすすめです。レイクは、融資スピードが早いだけでなく、無利息キャッシングもできるので、少しでもお得にお金を借りたい人の利用にも向いています。

 

レイクは、初めての申込みであれば

 

・30日間無利息
・5万円まで180日間無利息

 

↑の2つのうち、どちらかの無利息キャッシングサービスを選べてお得です。

 

ただ、当サイトで紹介しているカードローンは、どれも最短即日融資ではあるので、あとは、自分の借入の目的やスタンスに応じてそれぞれ選ぶのが良いかと思います。
金利で選ぶのか、融資スピードで選ぶのか、使い勝手の良さで選ぶのか、誰にも内緒で借りたいのか、それぞれの目的に応じて、おすすめのローンカードって変わってきますからね。

 

レイク審査の目次へ戻る

 

 

新生銀行カードローン レイクの審査基準を他社と比較

新生銀行カードローン レイクの審査基準・難易度はどうなのでしょうか。
いざ、お金を借りたいけれど、審査に通過するかどうかが不安……という人もいるはずです。

 

具体的に、どのような人が新生銀行カードローン レイクを利用できるのか、申込みをする前に知っておきたいですよね。
ここでは、新生銀行カードローン レイクの審査基準が、他社と比較すると具体的にどうなのかを具体的に解説します。

 

カードローン審査を受けるなら、明確な審査基準を知っておきたいものですよね。
あらかじめ、審査基準や難易度を知っておけば、自分の年収や職業などの属性に応じて、申込みするのにぴったりのでカードローンを選べます。
審査通過ができそうなカードローンを選べば、契約できる可能性も高くなるでしょう。

 

では、こちらのカードローンの審査基準比較表をご覧になってみてください。

 

【新生銀行カードローン レイクと他行カードローンの審査基準比較】

カードローン 審査基準 借入できる年齢
新生銀行カードローン レイク

20代〜50代の正社員向けのカードローン
■アルバイト・パート・派遣
■学生
■専業主婦(主夫)
※ただし、安定した収入が必要
※専業主婦の場合は配偶者に安定した収入が必要

満20歳以上70歳以下
プロミス

20代〜30代の若い人向けのカードローン
アルバイト・パート・派遣
■学生
※ただし安定した収入が必要

満20歳以上69歳以下
モビット

■正社員
■アルバイト・パート・派遣
■学生
※ただし安定した収入が必要

満20歳以上69歳以下
じぶん銀行カードローン

■正社員
■アルバイト・パート・派遣
■学生
■専業主婦(主夫)
※ただし、安定した収入が必要
※専業主婦の場合は配偶者に安定した収入が必要

満20歳以上70歳未満

 

↑の表をご覧になって頂ければ分かるかと思いますが、レイクは、アルバイトからパート、派遣社員、学生、専業主婦まで幅広い人たちが利用することができます。

 

特に、先ほども少し触れましたが、レイクは銀行カードローンであるため、総量規制対象外で専業主婦も借りることが可能です。

 

レイクの専業主婦の借入限度額は、公式ホームページでは明記されていませんが、他行の銀行カードローンの場合、30万円〜50万円くらいの金額が限度額なので、レイクについてもそれくらい借りれると考えて良いかと思います。

 

なので、専業主婦でお金を借りたい人は、レイクなどの銀行カードローンを利用してみるのがおすすすめと言えるでしょう。

 

また、肝心の審査基準を比較してみると、銀行カードローン、消費者金融のカードローン、どちらも安定した収入があれば、アルバイトから学生まで利用が可能なので、どのカードローンが審査基準が厳しい、というのはないかもしれません。

 

ただし、基本的には、消費者金融よりも銀行カードローンの方が金利が低い分、審査が厳しい傾向にあるのは確かです。
なるべく融資してもらえる可能性を上げたい人は、消費者金融を選ぶのが良いでしょう。

 

レイク審査の目次へ戻る

 

 

レイクの在籍確認の内容と会社に電話連絡があるタイミング

shinsamachi

 

さて。新生銀行カードローン レイクですが、審査基準も気になりますが、同じくらい在籍確認が気になる人もいるはずです。

 

在籍確認という言葉を知らない人も、在籍確認の意味を知れば、きっと気になるでしょう。

 

まず、在籍確認という言葉を知らない人のために、言葉の意味を説明しますね。

 

【在籍確認とは?】

在籍確認というのは、カードローン審査の一環で行われるもの。
金融機関は、顧客が申込みフォームに記入した職場に電話をすることで、顧客がきちんと申告した通りの会社に勤めているかを確認します。
在籍確認の目的は、顧客の返済能力を調べることです。
在籍確認の方法は、原則、会社への電話連絡によって行われます。

 

すべてのカードローン審査には、必ず、在籍確認があり、在籍確認の方法は、会社への電話連絡です。

 

【人気カードローンの審査時の会社電話連絡の有無】

カードローン名 審査時の会社電話連絡 担当者の名乗り方
新生銀行カードローン レイク あり 個人名
プロミス あり 個人名
モビット WEB完結申込みなら「無し 個人名
じぶん銀行カードローン あり 銀行名か個人名

 

上の表をみて分かるように、新生銀行カードローン レイクの在籍確認は、会社への電話連絡で行われます。
会社に電話連絡をされると、お金を借りることが職場にバレそうだと不安になる人もいますが、安心してください。

 

レイクの担当者は、個人名を名乗って電話をするので、電話を取り次いだ人にもバレません。
たとえば、「もしもし、田中です。〇〇さん(顧客の名前)はいらっしゃいますか?」 など、金融機関名は出さず、個人名を名乗ってくれれば、電話を取り次いだ人も、それがカードローンの在籍確認の電話だとは思いませんよね。
基本的には、在籍確認の電話は特に心配しなくても良いかと思います。

 

また、インターネットの口コミサイトなどを探しても、「在籍確認で会社にバレた!」という話は見たことがありません。
なので、もし、在籍確認の電話連絡があったとしても、会社の同僚や上司、部下にバレる可能性は限りなく低いと考えて良いでしょう。

 

その一方で、職場にキャッシングの経験者がいたり、従業員が許可なくお金を借りることを厳しく禁じていたりする場合は、たとえ会社にバレないとしても、電話が金融機関から自分宛てでかかってくるというだけで不安に襲われますよね。
このような場合は、モビットの利用もおすすめです。

 

モビットはWEB完結申込みを利用すれば、審査の際に、会社への電話連絡が『無し』となります。
モビットのWEB完結申込みは、会社だけでなく、自宅への電話連絡も『無し』、郵送物も『無し』となるので、自分以外の第三者に借り入れが発覚する恐れがありません。

 

【モビットのWEB完結申込みのメリット】

・審査のときに会社への電話連絡がない
・自宅にも電話がこない
・カードや契約書類などの郵送物がない

 

モビットのWEB完結申込みは、完全にWEBだけのやり取りで、キャッシングの契約ができてしまいます。
なので、誰にも内緒で借りたい人以外に、お金を借りる際にだれかと話したり、契約機に入ったりするストレスをなくしたい人にもおすすめですよ。

 

ここで、ついでなので、モビットに興味を持った方へ向けて、モビットのWEB完結申込みの利用の仕方についても説明しておきますね。

 

モビットのWEB完結申込みを利用する方法

繰り返しになりますが、モビットのWEB完結申込みは、審査の際に勤務先へ電話がなし、自宅にカードや契約書類などの郵送物もなしになるので、誰にも内緒でお金を借りたい人にうってつけです。

 

そんな便利なモビットのWEB完結申込みのやり方について簡単にまとめてみました。

 

モビットのWEB完結申込みを利用するには、下記の銀行口座・書類を用意して、パソコンやスマートフォンなどからネット申込みをする必要があります。

 

モビットのWEB完結申込みに必要な銀行口座

まず、モビットのWEB完結申込みを利用するためには、特定の銀行口座が必要となります。

 

【モビットのWEB完結申込みで必要となる口座】

銀行口座 WEB完結申込みの利用の可否
三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
その他の銀行 ×

 

↑の表をみて分かるとおり、モビットのWEB完結申込みには、三菱東京UFJ銀行三井住友銀行の口座のいずれかが必要です。

 

こちらの2つの口座のいずれかを持っていて、その口座をモビットからの振込貸付口座かつ口座振替による返済口座に設定できるのであれば大丈夫です。

 

ちなみに、当然のことながら、口座はお金を借りる本人のものである必要があります。

 

三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行の口座であれば、この二つの銀行はメガバンクなので持っている人も多いです。なので、モビットのWEB完結申込みは、多くの人が利用することができるでしょう。

 

また、モビットには以下の3つのタイプの書類が必要となります。

 

【モビットのWEB完結申込みで必要とされる書類のタイプ】

・書類タイプ1、本人確認書類
・書類タイプ2、収入証明書類
・書類タイプ3、勤務先確認書類

 

簡単に表にまとめてみたので、こちらも確認してみてください。

 

書類タイプ1、本人確認書類

■運転免許証
■パスポート

書類タイプ2、収入証明書類

■源泉徴収票
■税額通知書
■所得証明書
■確定申告書
■給与明細書(直近2カ月分)

書類タイプ3、勤務先確認書類

■社会保険証
■給与明細書(直近1カ月分)

 

続いて、書類タイプ1つ1つを個別で解説していきますね。

 

書類タイプ1、本人確認書類

モビットのWEB完結申込みを利用するためには、

 

・運転免許証
・パスポート

 

↑のいずれかのお写しが必要となります。
モビットの場合、WEB完結申込みで用いる本人確認書類は、顔が確認できるものが条件となるようです。

 

書類タイプ2、収入証明書類

収入証明書類は、以下のいずれかの写しが必要です。

 

・源泉徴収票
・税額通知書
・所得証明書
・確定申告書
・給与明細書(直近2カ月分)

※給与明細書の場合、用意できる人はあわせて直近1年分の賞与明細書も必要です。

 

モビットの利用をするときは、WEB完結申込みであろうと普通のカード申込みであろうと、収入を証明する書類が必ず必要となります。

 

書類タイプ3、勤務先確認書類

勤務先確認書類は、以下の2つの写しがどちらも必要となります。

 

・健康保険証
・給与明細書(直近1カ月分)

 

WEB完結申込みで認められる健康保険証は、全国健康保険協会発行の保険証、つまり、社会保険証あるいは組合保険証です。

 

また、給与明細書は直近1カ月分が必要です。

 

モビットのWEB完結申込みのポイント

↑の表を見て分かるように、モビットのWEB完結申込みを利用するなら、必ず、給与明細書が必要となります。

 

なので、収入証明書類の提出のときに給与明細書を2カ月分用意しておけば、他の書類を収入証明書類として用意するよりは、必要な書類が一点少なくなる分、申込みが楽になるでしょう。

 

モビットのWEB完結申込みは、申込みの際に用意する書類は、他のキャッシング業者と比較して多いかもしれません。

 

しかし、その分、審査や契約のときに、カードが届いたり、会社に電話連絡がこない分、自分以外の第三者にバレる恐れがありません。

 

また、モビットは書類を用意するのに手間がかかる分、申込みフォームの入力項目が、他社と比較してかなり少ないので、急いでいる人も申込みがしやすくなっています。

 

モビットのスペックをもう一度確認する

 

 

さて。
話を、新生銀行カードローン レイクの在籍確認に戻しますね。

 

いくら、新生銀行カードローン レイクの在籍確認が会社にバレないと言われても、やっぱり不安です。

 

できるだけ、新生銀行カードローン レイクの在籍確認の方法について知っておきたい。
そんな人のために、更に詳しく在籍確認について語ります。

 

新生銀行カードローン レイクの在籍確認の電話内容は具体的にどんなもので、いつのタイミングで行われるのでしょうか。
電話内容については、先ほども少しだけ触れました。

 

新生銀行カードローン レイクの在籍確認の会社電話連絡は、「田中ですが、〇〇さん(顧客の名前)はいらっしゃいますか?」など、担当者が個人名を名乗ります。

 

電話の内容については、特に、これといったことはありません。
新生銀行カードローン レイクの担当者からすれば、申込みをした顧客本人が電話に出てくれれば、この時点で顧客が申告した勤め先に在籍していることは確認できたことになります。
なので、特に在籍確認や契約内容について話すこともないんですよね。
在籍確認の電話時間も、十数秒で済むでしょう。

 

一方、電話をもらっても、本人が来客対応をしていたり、渉外などで外出していたりした場合はどうなるのでしょうか。
電話がかかってきても、本人が不在の状態では、お話することができませんよね。

 

これについても、大丈夫。心配することはないですよ。
もし、席を外していても、電話を取り次いでくれた人が「〇〇はただいま外出中ですが」などの返答をしてくれれば、その返答によって、顧客本人がその会社に在籍していることは分かります。
なので、たとえ、本人が電話に出ることができなかったとしても、その時点で、在籍確認は完了となるんです。

 

ちなみに『新生銀行カードローン レイクの在籍確認のタイミングがいつになるのか』ですが、これは申込みをして仮審査に通過した後になります。
仮審査に通過した後、次は本審査があります。
本審査では、本人確認書類や収入証明書類の提出と、在籍確認が行われることになります。

 

本審査は、基本的に、仮審査で顧客が申告した情報の裏をとるためにあると考えて良いでしょう。

 

顧客が、自分の年収や就職先について嘘をついておらず、「この人は返済能力がある」と金融機関に判断されて初めて、お金を借りることができるようになるのです。

 

レイク審査の目次へ戻る

 

 

新生銀行カードローン レイクの審査は甘いのか、厳しいのか

shinsamachi

 

一般的に、銀行カードローンよりも消費者金融のカードローンの方が融資に積極的だと言われています。

 

ってことは

 

「消費者金融のカードローンの方が銀行よりも審査基準が甘かったり緩かったりするの??」

 

そう疑問に思う人もいますよね。

 

結論から言えば、レイクだけでなく、金融機関のカードローンの審査基準に甘い、緩いというのはありません。
もちろん、審査難易度が低いカードローンも存在しません。

 

どの金融機関も、それぞれ自行・自社の定める審査基準があり、それをクリアした顧客にしかお金を貸しません。
返済能力のない顧客にお金を貸すこと=貸し倒れ、を意味するからです。

 

ただし、消費者金融の方が銀行カードローンよりも金利が高い。
金利が高い分、消費者金融の方が融資に積極的である、とは言えそうです。
金利が高くなるのは、債務不履行のリスクを背負っているからです。

 

なので、もう一度いいます。
審査が甘いということはありませんが、銀行よりも消費者金融の方が融資には積極的です。

 

さて。
では、新生銀行カードローン レイクは、銀行のサービス、消費者金融のサービス、どちらなのでしょうか。

 

これによって、自分がレイクの審査基準・難易度も大きく変わってきそうですよね。

 

結論から言えば、新生銀行カードローン レイクは、消費者金融レイクのブランドを新生銀行が引き継いだ形です。

 

なので、カードローン レイクが、元々、消費者金融のサービスであったとしても、現在は、新生銀行の借り入れサービスとなっているわけですから、新生銀行カードローン レイクは、銀行のサービスということになります。

 

レイクのサービスと、プロミスやアコムのような大手消費者金融のサービスは似通ってはいますが、少しでも審査に通る可能性を上げたいのであれば、消費者金融に借入の申込みをした方が良いかもしれませんね。

 

ちなみに、レイクと似たスペックの消費者金融を探しているならば、プロミスがおすすめです。
プロミスのカードローンは、スペック的にはレイクとほぼ同じとなっています。
プロミスは、最短なら申し込みをしてから1時間以内に融資をしてくれますし、金利についてはレイクより低いです。

 

しかも、初回限定で、30日間無利息でお金が借りれる無利息キャッシングサービスもついているので、レイクよりもお得に借りれる可能性もあります。

 

プロミスのスペックをもう一度確認する

 

ただし、一つだけ注意があります。

 

プロミスの場合は、総量規制という制約があるため、収入を持たない専業主婦(主夫)の借入はできません。
もし、専業主婦の方で、お金を貸してもらいたい場合は、レイクにお願いするのが良いでしょう。

 

繰り返しますが、新生銀行カードローン レイクと消費者金融の審査基準を比較したときに、消費者金融の審査基準の方が甘いということはありません。

 

消費者金融は消費者金融で、独自の審査基準を設けており、それを満たした人しかお金を借りることはできないのです。

 

なので、「な−んだ、消費者金融なら審査が甘いんだー」と考えて、いい加減な気持ちでカードローンの申込みをするのはやめておいた方が良いでしょう。
審査が甘い、と謳っている金融機関は、闇金融の可能性があるので気をつけてください。

 

レイク審査の目次へ戻る

 

 

新生銀行カードローン レイクの審査に落ちたら理由を知り対策を立てるべし!

josei

 

既に、新生銀行カードローン レイクの審査に残念ながら落ちた、という人もいらっしゃると思います。

 

そのような人は、借入を諦めるか、次の金融機関に申込みをするかを考えるしかありません。

 

お金を借りないで済むのなら、それが一番ですが、生活費などのためにお金を借りる必要がある場合は、なかなかそうも言っていられない事情もあるでしょう。

 

なので、次なるカードローン審査を受けるための対策案を提案します。

 

もし、どうしても、レイク以降のカードローンの審査に落ちたくない人は、以下のことをきちんと守って申込みをすることがおすすめです。
それだけで、カードローンの審査に通過する可能性は格段に上がるでしょう。

 

1、一度に複数の金融機関に申込みをしない。
2、申し込みの際に虚偽の申告をしない。
3、借入希望額を少なくする。
4、既に他の会社からお金を借りているなら、延滞・滞納をしないように気を付ける。

 

これらのことをきちんと守って、カードローンの申込みをすれば、審査に通る可能性も格段に上がるかと思います。

 

上で書いたことのいくつかを、知らず知らずにやってしまっているということはありませんか??

 

たとえば、申込みの際に、審査に通過する自信がないからと言って、申込み書類に勤めていない企業の名前を書いたり、収入を実際より多めに記入してしまう人もいます。

 

このようなことをすると、審査に落ちてしまう可能性が高くなってしまうんです。
やはり、カードローンはお金の貸し借りの取引なので、貸し手である金融機関は、借り手である顧客を信頼しないとお金を貸すことができません。申込みの際に、わざとでなくても、実際とは違うことを申告してくるような人に、あなたならお金を貸してあげたいと思うでしょうか。

 

私なら、収入が少な目だったとしても、嘘を吐かずに正直に申告してくれる人にお金を貸してあげたいと思います。
だって、収入が少なかったとしても、それなら、その収入で無理なく返済していけるだけのお金であれば、貸し出すことは十分にできるわけですから。

 

申込みのときに、虚偽の申告をしないこと。
これはあくまで一例にすぎません。
しかし、先ほど申し上げた4つの項目を守って、申込みをすれば、カードローン審査に通る可能性を格段に上げることができますよ。

 

これは、新生銀行カードローン レイクだけでなく、他のカードローン審査でも同じことです。

 

レイク審査の目次へ戻る

 

 

元銀行員が教える審査が甘い・厳しい金融機関は?

josei

 

さて。レイクの審査に不安を覚えている人のために、カードローンの審査についてさらに論じてみます。

 

私は、一応、元銀行員なので、ローン審査について語るのは得意分野なんです。
実は、ローン審査に基準について考える上で、ある誤解をしてしまっている人が多いんですよね。
そのあたりについても、この項目で誤解を解いていきたいと思います。

 

この記事をご覧になっている方の中には、不幸にも、レイクの審査に落ちてしまった、という人もいるかもしれません。
あるいは、申し込む前から、レイクの審査基準を過度に心配し、申込みボタンを押そうか、押さないにしようかと二の足を踏んでいる人もいるかと思います。

 

もし、あなたが、できるだけ確実に借り入れできる金融機関を探しているとすれば、果たしてどの金融機関に申込みをしたら良いのでしょうか。

 

どうしても今すぐ借りる必要がある人は、カードローン審査が甘いところを探しがちですよね。
でも、果たして本当にカードローン審査が甘い・緩い金融機関なんてあるのでしょうか。

 

こちらについては、最初に結論から言います。

 

先ほども言いましたがあなたが、どうしてもお金を借りたいのなら、銀行よりも消費者金融の方が融資に積極的な傾向があります。

 

ただし、それは、消費者金融の審査が、銀行カードローンの審査よりも甘かったり、緩かったりするということは意味していません。
そのあたりは、くれぐれも誤解をしないでください。

 

消費者金融は、銀行カードローンよりも金利が高い分、それだけリスクをとって個客に融資をすることができるんです。
また、消費者金融は銀行よりも小口融資の歴史があり、どういった顧客が借りたお金を返済し、どういった顧客が債務不履行になるか、のノウハウも充実しています。
銀行カードローンの審査において、保証会社が大手消費者金融になっているのもそのためです。
消費者金融は、銀行から保証料を貰う代わりに、小口融資のノウハウを生かして保証会社を勤めているわけですね。

 

レイク審査の目次へ戻る

 

 

審査が厳しい順の金融機関ランキング

ここまでで、審査基準について色々語ってきましたが、結局のところ、どの金融機関が一番審査が厳しくて、どの金融機関が一番審査が甘いのでしょうか。

 

まず、審査が甘いという金融機関は存在しません。
ここまでは大丈夫ですよね。

 

そして、審査が甘い金融機関は闇金融だけです。

 

なので、このような『審査が甘い』とか『多重債務者歓迎』とか、危ない広告を出している金融機関には絶対に申し込みをしないでくださいね。
このことを踏まえた上で、カードローン審査の難易度順に金融機関を紹介したいと思います。

 

一般的に、審査というのは厳しい順に、

 

メガバンク>都市銀行>地方銀行>インターネット銀行>信販会社>大手消費者金融>中堅消費者金融・中小消費者金融

 

だとされています。

 

でも、だからといって、メガバンクの銀行カードローンはお金が借りにくい、ということはありません。
それは、既に、メガバンクの利用者がたくさんいることからも明らかですよね。

 

また、メガバンクのものを含む銀行カードローンたちは、アルバイト学生から専業主婦まで借りれるものも増えており、銀行のカードローンだからと言って、審査を受ける前から諦める必要はないのではないかと思います。

 

ただし、それとは別に、金利が低い銀行カードローンは、消費者金融のカードローンと比較すると、審査に落ちた、という口コミが多いのも確かです。

 

なので、できるだけ審査に通過する可能性を底上げしたいのであれば、銀行カードローンよりも金利が若干高めの消費者金融を利用するのが良いかもしれませんね。

 

消費者金融のカードローンは、銀行カードローンよりも金利は高いかもしれませんが、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスのように無利息キャッシングサービスが使えるものもあるため、借りた後に早めに返してしまえば、銀行カードローンよりもお得に借りることができるでしょう。

 

このページのトップに戻る

 

即日融資のプロミスは勤務先・会社への在籍確認・電話連絡がありますか?のトップページに戻る