プロミスの歴史資料館、創業者は偉人?進化し続けるブランド

プロミスの歴史の概要

プロミスの歴史を語る前にまずはひとこと前置きを。

 

実は、皆さん、CMでも有名だからプロミスという名前は知っていると思いますが、『プロミス』が正式名称ではないのは知っていましたか。

 

プロミスの正式名称はSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスです。

 

プロミスは消費者金融の名前ではななく、サービスブランドの名前です。

 

SMBCコンシューマーファイナンスが、プロミスというブランドを扱う消費者金融となります。

 

そんなプロミスの歴史の始まりですが、こちらは1962年の3月20日となります。

 

SMBCコンシューマーファイナンスの前身となる消費者金融を設立させたのは、2016年5月現在、プロミスの最高顧問である神内良一さんです。

 

神内良一さんが大阪市都島区に『関西金融株式会社』を設立させました。

 

そのときの資本金はなんと250万円。

 

それが2013年3月の時点で、資本金が1407億37百万円の大大企業に出世したのだから凄いですよね。

 

神内良一さんは、現在の日本が誇る偉人の一人と考えても良いでしょう。

 

関西金融株式会社は、設立から1年後、関西プロミス株式会社となります。

 

それから何度か社名を変更しながら、1980年にはプロミス株式会社へ。

 

現在は、先ほども申し上げた通り、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社となっております。

 

SMBCコンシューマーファイナンスは、三井住友フィナンシャルグループに所属し、ただの消費者金融から銀行と提携する安心の消費者金融となりました。

 

かなり駆け足で概要をまとめてしまいましたが、更に詳細なプロミスの沿革については、またの機会にしたいと思います。

 

私は、プロミスの前身をつくった神内良一さんに凄く興味を持っていて、神内良一さんについても分かっていることを今後調べていきたいですね。

 

やっぱり、プロミスみたいな非常に大きな影響力がある会社をどうやって作ったのか、気になってしまいます。

 

自分はさすがに足元にも及ばないけれど、少しでもプロミスの歴史から、色々なことを学んで吸収していきたいですね。